FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIENは素晴らしい

2018年3月27日   社長通信259
1.はじめに
 陽春の日差しも徐々に強くなり、湖国長浜のソメイヨシノの開花ももうすぐそこまでやってきています。まさに風光る春四月を笑顔で迎えて、喜び溢れる一日一日を大切に過ごしていきましょう。
 さて10日の社員旅行は、一人でも多くの従業員さんに参加していただき親睦を図ってもらおうという趣旨で、社員旅行委員の皆さんの周到な準備の下、京都鉄道博物館や水族館を見学したのち、よしもと祇園花月でみんな笑顔一杯になって、近江八幡での懇親会は、最高の近江牛を賞味しました。
 今後も多くの従業員さんが、日頃の仕事の疲れを癒し、皆で楽しみ懇親を深める旅行やイベントを開催していきたいと思います。

2.SHIEN学セミナーについて
 この15日午後の半日、静岡大学大学院教授でSHIEN学会長の舘岡康雄先生、同マスターの伊藤めぐさんを講師に、第2回目のSHIEN学セミナーを「SHIEN学 力を引き出し合う働き方~温かさの創造とは」のテーマのもと、52名の従業員の皆さんの参加で開催しました。
 舘岡先生の提唱する「SHIEN」の公理(道理、考え方)は、『従来重なり(関わり)のなかったところに重なりを創り、させる・させられるの交換(例えば上下関係の中)ではなく、してもらう・してあげることを交換する』ということです。
 今回初のSHIENワークショップでは、日頃関わりの少ない部署同士の3人グループで、今困っていることの「SHIEN相談会」の実習をしました。徐々に打ち解けてお互いの会話が盛り上がり、会場全体に温かく心地よい波動が広がる体験をしました。
 舘岡先生のお言葉です。「これからは、拡大成長という今までの概念から、持続可能の方向に変わっていかざるを得ない、持続可能な社会は、互いが重なりを創って関係性を高め、助け合うことの方が競争より実現されやすいということが判ってきたのです。
 もう一つの背景として、世界がスモールワールド化した今日、私たち隣人は、向こう隣ではなく、中国人であったり、カナダ人、ブラジル人であったりしてきました。多文化共生の時代には、価値観や法体系が違いますから、互いにオープンマインドで胸襟を開いて、重なりを創って互いに受容しながら、新たなものを、してあげたり、してもらったりして生み出す時代がきたと言えるのです。」
 今回の相談会では、一人一人が自分自身の仕事や健康、将来のこと、家族のこと等の悩みを仲間に打ち明けて、仲間からの質問を通して悩みを掘り下げて、悩みの解消につなげていくという体験は、とても新鮮で互いの心が優しくなれます。今回のセミナーの体験が、皆さん方の働き方や生き方を優しく心豊かにしてくれることを願っています。
ここに皆さんの感想の一部を紹介します。
*自分一人で悩まず気軽に声を掛け、助けを求めたいと思いました
*気軽に相談できる人が身近にいる。
*心がポカポカしてスッキリした気持ちになりました。
*会社全体が一つになれる気がした。
*息子に対してもっとコミュニケーションをとって、良いところを褒めてあげたい。等々
共感・共鳴・共振に大感謝です。高橋文夫拝

生産・開発・改善・決断のリードタイム短縮

2018年4月27日   社長通信260
1.はじめに
 もう初夏の様な夏日も顔を出してきましたが、爽やかな風薫る5月を目前に、明日28日から、のべ7日間の大型連休が始まります。皆さんは、どのように過ごされますか?
3日からの後半の連休に行楽の混雑が集中するようですが、この機会に心と体のリフレッシュを大いにしましょう。

2.第24回全社改善活動(KZ法)勉強会
 この18日に改善コンサルの柿内幸夫先生のご指導のもと、全社改善活動(KZ法)勉強会を工場実習も含めて実施しました。今回、ベトナム技能実習生14名全員の皆さんや今月から半年間研修生として研鑽を積んでいただくベトナム貿易大学4年生のチャーさんも参加し、とても有意義な勉強会でした。
 日頃当社の工場見学の皆様には、「お買い上げ☆お土産シート」即ち現場を見て参考になった点やアドバイス等を書いていただいています。今回先生の提案で工場実習参加者全員がこのシートを記入しましたが、より一層問題意識を持って今後の改善改革活動の参考にしていきたいものです。
 ここで改善事例の一部を紹介します。
*川上さんは、PPバンドのカッターを手軽なストライプを使って身につけることにより、カッターの紛失防止と取りに行くムダを省きました。
*ズンさんは、Bラインの治具置き場を真似て、整理整頓されたAラインの治具置き場を作成しました。因みにズンさんは、今月何と7件の改善をしました。
*丸岡主任が中心となって住宅製造担当者が、ベトナム技能実習生はじめ、仕事の習熟度に応じて多能工化を進めることにより、部署間の応援がスムーズにできるようになってきました。今後各作業者の技能マップを適宜更新して見える化し、計画的にスキル向上を図っていきます。
*江川さんは、四方差しパレットのミザラ製作工程で、150枚の作業時間が、今までは手待ちも含めて2人で6時間延べ12時間、つまり1枚当たり4.8分掛かっていましたが、治具を製作することにより、1人で3.8時間、即ち1枚当たり1.5分で仕上がり、何と生産性が3.2倍に向上しました。
 このようにちょっとしたチョコ案から、大幅な生産性向上に寄与する改善報告が1カ月に約200件、1人当たり平均2.5件実践されています。
 今回柿内先生からのお話で、限られた人財と現有の経営資源で一段と生産性を向上していくためには、部分最適から全体最適の一貫した生産システムを確立することが最重要課題であるということ、またそのために生産、開発、改善、決断の各リードタイムを短縮していくことが必須であること、さらには、世界で急ピッチで進むIOT(モノがインターネットにつながる仕組み)や生産ラインにAIロボット等を活用していくことです。そのためにも製造はじめ営業、総務各部門の業務の棚卸と外注依頼も含めた見直しと効率的な時間管理を進めていきます。

3.映画「ウィンストン・チャーチル」を見ました!
 1940年5月13日英国ウィンストン・チャーチル首相の感動的な演説に纏(まつ)わるヒトラーから世界を救った実話は、勇気ある行動、決して諦めない心、そして不撓不屈の精神の大切さを伝えてくれます。感謝!髙橋文夫拝

仕事に誇りを持とう

2018年2月27日   社長通信258
1.はじめに
 多くの感動と勇気を与えてくれたピョンチャン冬季五輪も終わり、湖国長浜にも春の兆しが徐々に現れてきました。しかしこれからは杉・ヒノキ花粉の飛散が多くなり、花粉症の皆さんには1年で最も憂鬱な時期になります。また寒暖の差が大きい季節替わりですので、これからも健康管理に努めていただき、一日一日を元気で過ごしてまいりましょう。

2.第22回パートナー会議について
 毎年2回定期的に、長年ご協力ご支援いただいています協力大工さんや配送ドライバーさんと我が社の建方施工や物流、製造、住宅営業、建材販売担当者とのパートナー会議をこの17日開催させていただきました。
 今回、現場建方施工や配送の安全作業や安全運転の徹底、特に今後現場作業では、墜落災害防止策として安全ネットの設置等を進めていくとともに、配送中の道路事情を事前に把握して、高さ制限のある道路の運行回避等安全運転を励行していきます。
 そして建築現場の職場環境整備の重要性を啓蒙する安全教育ビデオを視聴し、安全保護具の着用は勿論のこと、現場と近隣周辺道路の整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sの徹底、気持ち良い挨拶と礼儀等の大切さを痛感しました。特にお施主様が早朝や深夜に現場の写真を撮られて後でお叱りを受けないようにしたいものです。
 また我が社も多くのお客様やお施主様に見学に来ていただいていますが、更に誇りと自信を持ってご案内できる快適職場を皆さんとともに創り上げていきたいと考えます。
 現在毎水曜日早朝、「理念と経営」勉強会をしていますが、今回この会議の中で3グループに分かれて、愛知県東郷町の「あと施工アンカー」を専門に、人財育成を第一に業界でも注目され素晴らしい経営を実践されている水谷工業㈱さんの事例を読んでディスカッションをし、大いに盛り上がりました。水谷工業さんの経営理念は、「誇れ助っ人稼業 敢然(かんぜん)と飄々(ひょうひょう)と」で、会社として目指すべき理想の職人像を凝縮した理念であるということです。そこで、討論テーマを「誇りをもって仕事をしているか、また仕事に誇りを持つためにどのように行動していくか、また理想の職人像とは」としました。
 我が社のパートナーとして協力ご支援していただいている会社代表や社員さんですので、皆さんお一人お一人がプロの職人として誇りをもって毎日仕事に前向きに取り組んでおられる発表に感動しました。改めて、皆さんのご期待に応えて、関係をより強固にして、共存共栄し成長発展していくために、我が社も全社一丸となってお客様に喜んでいただき、より一層のシガウッドのファンづくりに励んでいきたいと考えます。
 私が理想とする職人像は、人間性と技を常に磨き続けて、誇りをもって真摯に仕事に取り組むプロ職人です。皆さん方は、どうのように思いますか?自問してみてください。

3.ピョンチャン冬季五輪に思う
 改めて冬季五輪を振り返ると、努力の継続に勝る能力はないと感じます。そしてスピードスケート日本女子初の金メダルに輝いた小平選手。自分自身を表現する3つの言葉を伝えています。「求道者・情熱・真摯」そして「今はまだゴールがみえていません」成長には限界はないのですね。 感謝!髙橋文夫拝

まず、やってみよう!

2018年1月26日   社長通信257
1.はじめに
 新年あけて早1カ月が経とうとしていますが、私も昨年暮れ満65歳を過ぎ、益々時間の有限性と大切さを実感しています。
 さてこの20日の大寒から来月4日の立春までの15日間が1年で一番の厳寒期ですが、正に暦通りの大寒波が襲来しており、工場や配送、建方等の仕事は特に大変ですが、安全第一で体調管理にも十二分に気をつけてください。

2.第23回KZ法勉強会の学び
 日本そして世界を代表する改善コンサルタントの柿内幸夫先生とご縁を賜りご指導をいただき丁度丸7年になりましたが、全社改善活動の原理原則、即ちまず経営者が率先垂範先頭に立って改善活動に取り組み、製造はじめ営業や総務も全社一丸となって仕事現場の改善改革に継続して取り組んでいくことが重要であることを繰り返し伝えていただいています。お陰様で改善活動が徐々に定着して、以前とは見違えるほどに変貌してきました。
 そして今月16日の第23回勉強会では、改めて部分最適ではなくて全体最適の大切さとそのためにはFSL即ちFフロー(仕事の流れ・在庫低減)、Sシンクロナイズ(仕事の同期化・共有化)、Lレベリング(仕事の平準化・多能工化)に全部門が支援し合い取り組んでいくことを学びました。また、各部署で多能工化を進めていますが、部署内に留まる狭い意味での助け合いから、今後更に部署部門を超えて支援し合いFSLにつながる多能工化を目指していきます。
 今回実習で、2x4工法の構造パネルの製造、営業、設計の各部門の問題点や課題を共有し、お客様の満足向上と共存共栄を図っていくために、自由に議論を交わしました。以前からお伝えしていますように、今後益々『三でも:いつでも、どこでも、だれでも』ミーティングを積極的に実践して改善改革そして変革に取り組んでいきたいと思います。

3.全日本卓球選手権の感動
 この21日、全日本卓球選手権の男女シングル決勝戦をTV観戦し、その気迫と奮闘振りに感動しました。朝刊では、「張本14歳 最年少V。伊藤3冠 女子単初優勝、」と報じられ、少子高齢化が進み、最近の若者の内向き志向で日本の未来が懸念される中、この大健闘は、私たち日本人に大きな期待と勇気を与えてくれるものです。10度目の全日本優勝を目指した28歳の水谷選手は、張本選手を称して世界に冠たる卓球王国の中国選手と同レベルだと賛辞を送ります。
 また昨年の覇者で同年17歳の平野選手を破った伊藤選手の迫力も凄いと思います。日本の卓球界の頂点を目指し、達成してきた若者は、誰にも負けないほどの辛い苦しい練習を続けて、技術と体力、そして精神力、集中力を鍛錬してきた成果が実ってきたのです。
 来月9日からは、平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開催され、日本選手団の旗手を務める日本勢史上最多8度目のノルディックスキー・ジャンプ葛西選手(45歳)や主将で金メダル候補のスピードスケート女子の小平選手(31歳)のベテラン選手をはじめ多くの若人のメダル獲得が期待されます。彼らの活躍は私たちに元気と勇気を与えてくれます。今年は合言葉を「まずやってみよう!」そして大きな夢や目標を掲げて日々努力を重ねて実現してまいりましょう。感謝!髙橋文夫拝

2018年 年頭所信 「第三創業期の幕開け」

 新年あけましておめでとうございます。例年になく寒さ厳しいお正月を、皆様お元気で迎えられたことと心からお慶び申し上げます。本年も心身ともに健康で一日一日を大切に刻んでまいりましょう。

 さて私の人生の半分以上の34年間に亘り師事を仰いでいます田舞徳太郎氏は、より良き会社は更に良くなり、悪化の会社は更に悪化していく法則が今後も二極化として顕在化していくと説かれています。また2019年10月に予定されている消費税10%への増税や2020年7月から8月開催の東京オリンピックを前に景気は上向くと考えられ、新築の注文・分譲・集合住宅および高齢者施設などの国内重要は今後しばらくの間は高まってくると思われます。しかしながら、2020年以降国内景気の大きな減退が予測される中、田舞氏は常に経営の原理原則、即ち人財育成を基盤に経営理念を確立して経営ビジョンを全従業員と共有化し、変化を先取りしたコア・コンピタンス経営を実現していくことが肝要であると力説されます。

 今期21期は、1997年6月23日に株式会社シガウッドを設立して以来、第二創業期を締めくくる大切な1年間として、常に安全を最優先で会社のショールーム化を目指して、最高品質とサービスを提供し、生産性向上と業績目標の達成に取り組んでいます。この結果、昨年8月17日に念願の労働災害ゼロ500日を達成して、全従業員の皆様のご理解と努力のもと、今年12月30日の1000日を目指して、労災ゼロを継続更新中です。また昨年は、新築住宅のお施主様はじめ彦根商工会議所異業種交流会様、京都工業会様、びわ湖環境ビジネスメッセ2017の企業見学者様等多くのお客様にご来社いただき、7年間柿内幸夫先生にご指導いただいています全社改善活動の更なる進展を図り、生産性の向上に努めてまいりました。そして今期は、住宅部門を、住宅営業部、SFP事業部、建材販売部、建方施工部、品質保証部、物流部の各事業部に組織化して、事業部の自立化に向けて取り組んでいます。その中今期上半期の業績は、売上高は目標の10%増ですが、営業利益は残念ながら目標の約50%です。
 今後下半期は、各事業部の採算性を確実に把握して目標進捗管理につなげ、主木材はじめ資材高騰の抑制と適正販売価格の浸透、各部署間の支援活動の活発化と多能工化による生産性向上等により、最終業績目標の達成を実現していきます。

 現在役員間の未来会議や営業戦略会議等で経営ビジョンと戦略の検討を重ねていますが、今年は、モデル施設的な快適なエコ社員寮の建設プロジェクトを成功させるとともに、中大型木造倉庫や高齢者施設等の非住宅木造施設への積極的な参画や県外でのランドマーク的な木造施設プロジェクトにも共同事業として着手してまいります。

 以上第三創業期を目前に、全社一丸となって未来に希望を持って何事にもチャレンジして、より一層人や世の中にお役に立ち必要とされる笑顔溢れるいい会社を目指して、私たち自身の幸福を実現してまいりましょう。        感謝! 髙橋文夫拝 忠恕
プロフィール

FC2USER110760TEU

Author:FC2USER110760TEU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。