FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、やってみよう!

2018年1月26日   社長通信257
1.はじめに
 新年あけて早1カ月が経とうとしていますが、私も昨年暮れ満65歳を過ぎ、益々時間の有限性と大切さを実感しています。
 さてこの20日の大寒から来月4日の立春までの15日間が1年で一番の厳寒期ですが、正に暦通りの大寒波が襲来しており、工場や配送、建方等の仕事は特に大変ですが、安全第一で体調管理にも十二分に気をつけてください。

2.第23回KZ法勉強会の学び
 日本そして世界を代表する改善コンサルタントの柿内幸夫先生とご縁を賜りご指導をいただき丁度丸7年になりましたが、全社改善活動の原理原則、即ちまず経営者が率先垂範先頭に立って改善活動に取り組み、製造はじめ営業や総務も全社一丸となって仕事現場の改善改革に継続して取り組んでいくことが重要であることを繰り返し伝えていただいています。お陰様で改善活動が徐々に定着して、以前とは見違えるほどに変貌してきました。
 そして今月16日の第23回勉強会では、改めて部分最適ではなくて全体最適の大切さとそのためにはFSL即ちFフロー(仕事の流れ・在庫低減)、Sシンクロナイズ(仕事の同期化・共有化)、Lレベリング(仕事の平準化・多能工化)に全部門が支援し合い取り組んでいくことを学びました。また、各部署で多能工化を進めていますが、部署内に留まる狭い意味での助け合いから、今後更に部署部門を超えて支援し合いFSLにつながる多能工化を目指していきます。
 今回実習で、2x4工法の構造パネルの製造、営業、設計の各部門の問題点や課題を共有し、お客様の満足向上と共存共栄を図っていくために、自由に議論を交わしました。以前からお伝えしていますように、今後益々『三でも:いつでも、どこでも、だれでも』ミーティングを積極的に実践して改善改革そして変革に取り組んでいきたいと思います。

3.全日本卓球選手権の感動
 この21日、全日本卓球選手権の男女シングル決勝戦をTV観戦し、その気迫と奮闘振りに感動しました。朝刊では、「張本14歳 最年少V。伊藤3冠 女子単初優勝、」と報じられ、少子高齢化が進み、最近の若者の内向き志向で日本の未来が懸念される中、この大健闘は、私たち日本人に大きな期待と勇気を与えてくれるものです。10度目の全日本優勝を目指した28歳の水谷選手は、張本選手を称して世界に冠たる卓球王国の中国選手と同レベルだと賛辞を送ります。
 また昨年の覇者で同年17歳の平野選手を破った伊藤選手の迫力も凄いと思います。日本の卓球界の頂点を目指し、達成してきた若者は、誰にも負けないほどの辛い苦しい練習を続けて、技術と体力、そして精神力、集中力を鍛錬してきた成果が実ってきたのです。
 来月9日からは、平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開催され、日本選手団の旗手を務める日本勢史上最多8度目のノルディックスキー・ジャンプ葛西選手(45歳)や主将で金メダル候補のスピードスケート女子の小平選手(31歳)のベテラン選手をはじめ多くの若人のメダル獲得が期待されます。彼らの活躍は私たちに元気と勇気を与えてくれます。今年は合言葉を「まずやってみよう!」そして大きな夢や目標を掲げて日々努力を重ねて実現してまいりましょう。感謝!髙橋文夫拝
スポンサーサイト

2018年 年頭所信 「第三創業期の幕開け」

 新年あけましておめでとうございます。例年になく寒さ厳しいお正月を、皆様お元気で迎えられたことと心からお慶び申し上げます。本年も心身ともに健康で一日一日を大切に刻んでまいりましょう。

 さて私の人生の半分以上の34年間に亘り師事を仰いでいます田舞徳太郎氏は、より良き会社は更に良くなり、悪化の会社は更に悪化していく法則が今後も二極化として顕在化していくと説かれています。また2019年10月に予定されている消費税10%への増税や2020年7月から8月開催の東京オリンピックを前に景気は上向くと考えられ、新築の注文・分譲・集合住宅および高齢者施設などの国内重要は今後しばらくの間は高まってくると思われます。しかしながら、2020年以降国内景気の大きな減退が予測される中、田舞氏は常に経営の原理原則、即ち人財育成を基盤に経営理念を確立して経営ビジョンを全従業員と共有化し、変化を先取りしたコア・コンピタンス経営を実現していくことが肝要であると力説されます。

 今期21期は、1997年6月23日に株式会社シガウッドを設立して以来、第二創業期を締めくくる大切な1年間として、常に安全を最優先で会社のショールーム化を目指して、最高品質とサービスを提供し、生産性向上と業績目標の達成に取り組んでいます。この結果、昨年8月17日に念願の労働災害ゼロ500日を達成して、全従業員の皆様のご理解と努力のもと、今年12月30日の1000日を目指して、労災ゼロを継続更新中です。また昨年は、新築住宅のお施主様はじめ彦根商工会議所異業種交流会様、京都工業会様、びわ湖環境ビジネスメッセ2017の企業見学者様等多くのお客様にご来社いただき、7年間柿内幸夫先生にご指導いただいています全社改善活動の更なる進展を図り、生産性の向上に努めてまいりました。そして今期は、住宅部門を、住宅営業部、SFP事業部、建材販売部、建方施工部、品質保証部、物流部の各事業部に組織化して、事業部の自立化に向けて取り組んでいます。その中今期上半期の業績は、売上高は目標の10%増ですが、営業利益は残念ながら目標の約50%です。
 今後下半期は、各事業部の採算性を確実に把握して目標進捗管理につなげ、主木材はじめ資材高騰の抑制と適正販売価格の浸透、各部署間の支援活動の活発化と多能工化による生産性向上等により、最終業績目標の達成を実現していきます。

 現在役員間の未来会議や営業戦略会議等で経営ビジョンと戦略の検討を重ねていますが、今年は、モデル施設的な快適なエコ社員寮の建設プロジェクトを成功させるとともに、中大型木造倉庫や高齢者施設等の非住宅木造施設への積極的な参画や県外でのランドマーク的な木造施設プロジェクトにも共同事業として着手してまいります。

 以上第三創業期を目前に、全社一丸となって未来に希望を持って何事にもチャレンジして、より一層人や世の中にお役に立ち必要とされる笑顔溢れるいい会社を目指して、私たち自身の幸福を実現してまいりましょう。        感謝! 髙橋文夫拝 忠恕
プロフィール

FC2USER110760TEU

Author:FC2USER110760TEU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。