FC2ブログ

自己肯定感を高める

2017年7月27日   社長通信251
1.はじめに
 今年の夏もゲリラ豪雨による災害が日本いたるどころに発生し、心からお見舞い申し上げますとともに、猛暑日が続く中、こまめな給水と涼みをとり、熱中症にはお互いに気を付けてまいりましょう。

2.第21期への期待
 今期は例年になく夏場からアパートや戸建て物件の受注が多く、また新規事業のSFPパネルが好調で、皆さんには猛暑の中、残業や休日出勤、また部署間の応援で対応していただき心から感謝申し上げます。
 また金沢の地で事務所兼研修施設・実習生寮の建設プロジェクトが地元建築会社との共同事業でスタートしました。このように今期は更に飛躍する1年になります。皆さんとともに知恵と汗を出し積極的に支援を交換し合い、素晴らしい成果を出してまいります。

3.自己肯定感が高まると人は変われる
 致知の月刊誌8月号の対談で元小学校教師で一般社団法人子ども笑顔代表理事の岩堀美雪さんを知り、貴著書「なぜあなたの力は眠ったままなのか」から少し長くなりますが、印象的な言葉を紹介します。
 『「自分のことが好きですか?」私は、この「自分が好き」という気持ちを「長所も欠点もある自分のことを認めてこれでよいと思える気持ち」と定義し、「自己肯定感」という言葉を使っています。この自己肯定感が、人間の心の健康にとってとても大切であることは、広く知られるようになってきました。しかし、国際的に見ても日本人の若者たちは自己肯定感が低いと言われています。
自己肯定感が失われる様々な要因はどこにあるのか?まず幼少期の家庭環境です。褒められたことがない、認められたことがない、否定的な言葉を浴びせられたことが原因です。次に学校での環境で、一番影響を与えるのは教師です。その教師が子どもたちを信じてその能力を認めてやる気を出させ、肯定的な眼差しで見ていくことでお互いに認め合う雰囲気の学級になるか、子どもたちを常に冷たい言葉や態度で否定的に捉えることにより、クラスに伝染し子ども同士がけなし合ったりいじめが横行するようになるかです。そして会社での環境で、上司から日々どのような言葉をかけられているかが、社員の自己肯定感を左右し、自己肯定感の高い上司に育てられた社員は元気に働くことができます。
 自己肯定感が高まると人はどう変わるか?
・前向きになる
・困難な状況でも自分を信じて行動できる
・人の目を気にせずに自分の意思で決めることができるようになる
・批判を受け入れ、さらに向上することができる
・落ち込んでも完全に挫折せずに失敗から立ち直ることができる
・相手を認めることができる
 このように自己肯定感が高くなると、それまで眠っていたあなたの本来の力が目を覚まし始めるのです。』
 自分が変われば周りが変わり未来は変わるとよく言いますが、まず自分自身をよく知り自分の長所も欠点も受け入れ認めて、何よりも世界でたった一つしかない両親や先祖からいただいた生命を大切にして自分を好きになることがいい人生を歩んでいけるのです。  感謝! 高橋文夫拝 忠恕
スポンサーサイト

安全最優先、そして品質、業績

2017年6月27日   社長通信250
1.はじめに
 1年で昼が1番長い夏至を過ぎても空梅雨が続いてきましたが、いよいよ梅雨らしい天候になってきました。お陰様で念願の製品倉庫が無事竣工し、今後の突然のゲリラ豪雨にも慌てず、安全で製品の品質を保持して、よい状態で配送と建方施工を完了し、より一層お客様にご満足を提供していきましょう。

2.第21期品質方針、品質目標
 私は、今後10年をシガウッドの第3創業期と位置づけていますが、この21日より第21期がスタートしました。来月1日には、第21期経営方針、目標発表大会を開催し、皆さんお一人お一人の達成すべき個人目標を元気に発表していただきます。 
【第21期品質方針】
株式会社シガウッドは、常に安全最優先で会社のショールーム化を実現し、最高品質とサービスを提供し、生産性向上と業績目標を達成します。
【第21期品質目標】
①労働災害ゼロの職場づくり
②最高品質とサービスの提供
③生産性向上と業績目標の達成
 来期に事業継承すべく私の社長としての締めとなる個人目標は、安全最優先でまず労災ゼロ500日を達成し、業界で他社にはない最高の品質を確立し、全体最適を徹して業績目標を達成し、全従業員さんは勿論、関わる人全てが幸せになることです。何時でも何処でも誰でも自然にSHIENを交換し合うことのできる風通しの良い人間関係づくりをしていきます。

3.幸せへの道しるべ
 私にとって経営と人生の大切な師である日本創造教育研究所の創業者で現在も72歳で現役代表である田舞徳太郎氏とのご縁をいただいて、もう33年になります。今こうして自分自身とシガウッドが存在するのも、田舞氏のお陰であると言っても過言ではありません。またこの時期、田舞氏からの学びの大きな一つである師著『幸せの心理学』を改めて学ぶのも、もう25年になります。 
 著書のまえがきを記します。「私自身の体験から言えることは、人間はどんな逆境からでも幸せな人生を勝ち取ることができるということです。………その幸せは、ほんの少し『心の持ち方』を変えるだけで、だれでも手にすることができるものなのです。」
 そしてより幸せに生きていくためには、より良い人間関係を周りの人たちと一緒に築いていくことです。また一度しかない人生を幸せに生きるためには、自分の能力や価値に気づいて、その能力の発揮を妨げている要因を取り除いて、自らの可能性に向けて自律的に生きていくことだと熱く説かれます。

4.今月の論語の言葉
 子曰わく、道に聴きて塗(みち)に説くは、徳を之れ棄(す)つるなり。(陽貨第十七)
 先師が言われた。「道端で良いことを聴いて、さっそくその聞きかじりを途中で話すのは、徳を棄てるようなものだ」
 感動した話やいいと感じたことを、十分に理解せず、また実際にやってもいないのに、すぐ朝礼や会議で話すことは、かえって徳を棄てるようなもので、相手にも自分自身にも為にならないものです。常に自戒して言動には気を付けていきます。
感謝! 高橋文夫拝 忠恕
プロフィール

FC2USER110760TEU

Author:FC2USER110760TEU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR