FC2ブログ

王道の経営

2017年1月27日   社長通信245
1.はじめに
 2017年がスタートして早1カ月が経とうとしています。昨年11月より多くのお客様からご注文をいただき慌ただしい毎日が続いており、12月の月商は過去最高を達成しました。この第20期の後半は、来期以降につながる新商品・新事業を育て、全部門間でお互いに連携を取り変革と生産性向上に挑戦していきましょう。
 さて14~16日、23~25日と約20~30cmの積雪があり、早朝からフォークリフトやスコップ等による除雪作業をしていただき感謝致します。今後も断続的に寒さが続きますので、インフルエンザやノロウィルス等に十分気を付けて、毎日元気で安全作業、安全運転を励行してまいりましょう。

2.新春経営者セミナーの学び
 18~19日、東京・台場で日創研様創業30周年記念の経営セミナーが「王道の経営~真価に挑む~」のテーマのもと開催され、新たな気づきと多くの学びを得て、感銘深いとても充実した2日間でした。
 ここで王道の経営とはどういう意味なのかを一緒に考えてみましょう。
 毎月孔子とその弟子の説く論語の言葉を紹介していますが、一言でいえば、孔子が生涯貫き通した「忠恕(ちゅうじょ)」の経営であり、また近江商人の家訓である「三方良し」の経営です。王道の本質は道徳、仁義であるということですが、この王道の経営に反して、金力や権力を盾に利益至上かつ利己主義でこの目的のためには手段を選ばない覇道の経営があります。さらに法令、社会的ルールを無視した自分さえよければ何をやっても正当化する反社会的な邪道の経営が存在します。
 この20日に米国第45代ドナルド・トランプ大統領が誕生しましたが、声高らかに「アメリカ・ファースト」を宣言し、私たちには、覇道国家を目指すと思わざるを得ません。非常に残念ですが、今後の政策や言動に注目していくとともに、どんなことにも動じることなくブレない、また天に恥じることのない、人間として正しい道である王道の経営を心掛けていきます。
 さて今回7人の素晴らしい講師からお話を拝聴しましたが、今後の経営や人生に参考にしていきたい主な言葉をお伝えします。
①過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。しかし今を一所懸命に生きなければ、自分も未来も変えられない。
②途中で諦めない限り、失敗という辞書は存在しない。やり続け、やり抜いた結果、成功を必ず手にすることができる。そう信じる。
③社長、幹部、社員間の本音トークが重要。
④行動こそ真実、思いを強く持ち、まずやってみる、正しく真剣にやり続けていると支援者が必ず現れる。そして思いは達成する。
⑤孫の代に誇りにできる事業、会社、社会づくりに邁進することが大切である、等。

3.今月の論語の言葉
 子曰わく、之を愛して能く労すること勿からんや。忠にして能く誨(おし)うること勿からんや。(憲問第十四)
 先師が言われた。「真に人を愛するからには、その人を鍛えないでおられようか。真に相手を思うからには、その人を教え導かないでおられようか。」
 より一層お一人お一人と真剣に関わってまいります。   感謝!高橋文夫拝 忠恕
スポンサーサイト

2017年 年頭所信

『新たな変革と生産性向上に挑戦』

 新年あけましておめでとうございます。穏やかなお正月をご家族揃ってお健やかに迎えられたことと 心からお慶び申し上げます。本年も心身ともに健康で明るく元気な一日一日を過ごしてまいりましょう。

 昨年2016年は、国内外の政治経済の激動の1年でした。日経平均株価が2015年末の19,000円から年初16,000円まで大幅に下落し、日銀は景気刺激策としてマイナス金利を導入しました。4月には最大震度7の熊本地震が発生し甚大な被害と地域経済に多大な影響をもたらしました。6月には英国の国民投票でEU離脱が決定され、7月の参議院選挙で自民・公明党の与党が大勝し、10%の消費税増税は2019年10月に再延期が決定されました。11月の米大統領選では、共和党のトランプ氏が勝利し、その直後予想に反して為替が急速に円安に進み、株価も大幅に上昇し輸出企業の収益は急回復しましたが、輸入品は高騰しています。
 このような激動の政治経済の状況で直接当社の業績に影響することは、消費税増税の再延期の決定で、新設戸建て住宅着工数は昨年秋以降も低迷していました。ようやく11月より注文・分譲住宅の受注が急増し、一昨年来堅調なアパート・マンションの賃貸集合住宅の建設にプラスして、今年2月までは、残業・祭日土曜出勤で納期対応していきます。また年末の急激な為替の円安でSPF輸入材価格が約10%上昇しており、更に国内の建設・建築業界の活況で、その他構造用合板等の主資材も品薄で高騰して、コストアップになっています。当面資材髙の傾向が続きますので、お客様に現況を丁寧に説明するとともに、見積原価に反映させて限界利益率の維持あるいはアップを実現していきたいと思います。

 さて今期3つの経営目標の第一は労働災害ゼロの達成です。昨年末現在275日、目指すは500日です。年内には悲願達成を実現し、次の目標1000日にステップアップし、安心安全で心身ともに健康的な職場環境を創りあげていきます。
 第二は、会社のショールーム化の推進とダントツの品質精度です。昨年は各地から業界を問わず国内外から多くのお客様の来訪と各種セミナーや新たに地域貢献の一環としてヴァイオリンコンサートも開催しました。柿内先生の全社改善活動(KZ法)も4回開催し、特に懸案になっていました屋根・床パネル住宅工場のエアホースの上部からの吊り下げ方式の実現により、床面作業の安全性が確保できるようになりました。このように改善活動も定着化し、7つのムダ即ち「造り過ぎのムダ」「手待ちのムダ」「運搬のムダ」「加工そのもののムダ」「在庫のムダ」「動作のムダ」「不良を造るムダ」を徹底的に排除し、改善改革を推進していきます。また柿内先生の「改善の急所22」の改善の優先順位は、『安全第一、品質第二、リードタイムとコストは第三』を全社のルールとして厳守していきます。
 第三は、通期業績目標の達成です。上半期の売上実績はほぼ目標に届くところですが、営業利益額に関しては、目標の約45%で今後住宅事業、パレット事業ともに個別原価管理を徹底することにより、目標達成を目指していきます。また住宅事業では、昨年秋より新規に大手コンポーネント会社様からの定期的な壁パネル生産受注や床断熱パネル加工、サッシ建材販売、造作施工請負等が徐々に売り上げに貢献し、今年は第三の柱に育てていきます。

 次に今期中に出荷前のパネル製品の品質を維持するための木造製品保管倉庫を建設し、梅雨から夏季間の製品のカビクレームを未然に防止していきます。また次世代のネットゼロ・エネルギーハウス(ZEH)健康快適住宅や社員寮、非住宅木造施設等の実証提案をはじめ琵琶湖材を含めた国産材の適材適所活用を推進していきます。更に安部内閣から働き方改革が叫ばれる中、当社においても残業休日出勤の削減と平準化および有給休暇の計画的取得を進めるとともに、製造部をはじめ全部門の生産性向上即ち限られた投入経営資源に対して最適で効率的な成果を生み出すために、一人一人のスキルアップと過去にとらわれることなく新たな業務改革に挑戦していきます。

 以上、今年は、「新たな変革と生産性向上に挑戦」を旗印として全社一丸となって仕事に前向きに取り組んでまいりますので、皆さんお一人お一人のご理解とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 すべての行動の原点は、皆さんとご家族の物心両面の幸福の実現とお客様、関係先の皆様のご満足、そして地域社会貢献という『三方良し経営』の実践であることを心に刻んでいきましょう。 ありがとうございました。 髙橋文夫拝 忠恕
プロフィール

FC2USER110760TEU

Author:FC2USER110760TEU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR