安全で快適な職場づくり

2017年9月27日   社長通信253
1.はじめに
 季節も確実に進み、昼間の短縮と共に朝晩は急に涼しくなり、また静けさの中の虫の声が心地よく響いてくるようになりました。
今年も3カ月余りになりましたが、21期上半期の昨年同時期と比較して、売上高予測は約30%増となっています。ベトナム実習生や派遣請負の皆さんへの実地教育と皆さんの努力や積極的な支援活動の成果が徐々に現れて、今期当初からみると生産性は約20%アップになっています。これから繁忙期に向けて、より一層全社一丸となって、全体最適でムダの徹底排除を実践していきましょう。

2. 全国労働衛生週間
 谷口安全衛生委員長から既にご報告の通り来月1日から7日まで、第68回全国労働衛生週間が実施されます。今年度は、「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」をスローガンとして、事業場における労働衛生意識の高揚を図るとともに、自主的な労働衛生管理活動の一層の促進を図るものです。
 我が社の取組みとして、今年度も昨年に引き続き、今月第2回ストレスチェックを総務部で準備し、産業医の佐野クリニックの佐野先生に実施していただきます。高ストレス者即ち一定水準以上のストレス値となった人は、佐野先生から面談を受診するよう案内が届きますので、あくまで受診は個人の自由ですが、是非受診していただき、皆さんお一人お一人が安心して楽しく働ける職場づくりを目指していきます。
 また安全衛生活動として、毎月中旬と月末開催の工場安全衛生パトロールと安全衛生委員会および毎月1回開催の建築現場の安全と品質パトロールは、今後も総務部や生産管理課、営業課、そしてベトナム技能実習生等全部門の皆さんの参加で開催していきます。
 さらに毎週水曜日の午後一番に工場全従業員参加の安全実地教育を開催しています。丁度今月13日の安全教育に参加しましたが、技能実習生のカオさんの司会進行で釘打ち安全作業のデモンストレーションを行い、同僚のガーさんなど多くの従業員さんが真剣にメモをとり参加していました。こうした日々の地道な安全教育活動がゼロ災職場の継続につながっていきます。
 なお、来月12日に大津市びわ湖ホールで、第54回全国林材業労働災害防止大会が開催されます。滋賀県の林業・木材製造業に従事する約200名を含めて全国から600名を超える方が参加されます。そしてこの大会で労働安全活動の事例紹介で、当社が代表して「安全で快適な職場づくり」のテーマで、中村修三さんが発表します。前身の協業組合時代の1993年、94年に発生した重大労災事故を契機に、いかにして経営者が筆頭に全社一丸となって安全衛生に取り組んできたかをプレゼンします。また全体安全教育で発表してもらい、ともに勉強しましょう。

3.9月14日 第22回柿内先生KZ法勉強会開催
 今回の気付き、学びを共有しましょう。
① 営業・建方施工・品証等を含めた全部署参加がベストである。
② 安全を前提に最高品質と生産性向上で業績アップする。
③ 改善力を磨き迅速な実行力で時代の変化を先取りする。
④ 市場ニーズを発掘し営業から設計、生産、物流、建築、資金回収まで総時間の短縮をする。
⑤ 「7つのムダ」を排除し、「動作経済の4原則」を徹底する。    感謝!高橋文夫拝 忠恕

労災ゼロ500日の達成

2017年8月25日 社長通信252
1.はじめに
 今月5日に開催しました第6回シガウッド祭りも、400名を超える地域や皆さんのご家族に楽しんでいただき、東森実行委員長はじめ委員さんや全従業員の皆さん、また毎年支援していただいています皆様に心から深謝申し上げます。
 今回参加者の皆さんからいただきましたアンケートの貴重なご意見も参考に、祭りの振り返りを確実に実施して、次回以降に活かしていくとともに、これからも地域の皆さんや従業員のご家族に喜んでいただける社会貢献活動をして参ります。どうぞ皆さんのご協力をお願い申し上げます。

2. 労災ゼロ500日の達成
 念願の労災ゼロ500日が、盆休明け初日17日の無事をもって達成されました。長年に亘って谷口安全衛生委員長を中心に安全衛生管理に日々取り組んでおり、また安全を含めた全社改善活動の成果であると嬉しく思いますとともに、皆さんの努力と協力に心から感謝致します。これからも安全最優先を全員の胸に刻んで、来年末の2018年12月30日には、次なる目標の1000日労災ゼロを必達していきましょう。
 ところで目標達成の翌日18日には、定例の安全パトロールに参加しました。今回のパトロール隊の代表で生産管理課の多和田さんに全体朝礼で報告していただきましたが、安全保護メガネや耳栓の未着用等が一部あったことは残念です。自分の身は自分で守る、怪我をして周りの仲間に迷惑を掛けないという決意が必要です。また安全作業に関して決められたルールは、1人の例外もなく全員がどんな時でも守り続けるという強い安全意識を持ち、ルールを守らなければ仕事に就くことはできないという不文律を改めて確認したいと思います。労災事故が起こってから後悔しても遅いのです。くどいようですが、痛い目に合う前に身を正して、一人一人が危険リスクを回避していきましょう。

3. 仕事も家庭も諦めるな
 毎週開催しています経営会議で、尊敬する経営者のお一人である佐々木常夫氏の著書「決定版上司の心得」を輪読しています。
 ここで、第2章仕事とは何か ⑤「仕事も家庭も諦めるな」を紹介します。
 『家庭を犠牲にしてまで、会社のために働いている人がいる。会社での仕事はそこそこにして、家庭や趣味を大切にしている人もいる。どちらを優先するかは個人の生き方だから、第三者がとやかく言うことではない。しかし、一番幸せな生き方は、会社も私生活も充実している人のそれであろう。……仕事と家庭、どちらも大切にするべきものである。…私の父親は私が6歳の時に亡くなった、以来、母親は朝から晩まで働きづめで、子どもたちと触れ合う時間などほとんどなかった。けれども私たち4人兄弟は、皆それなりに育った。…親がどんな覚悟で働き、家族をどれほど愛しているか子どもたちがそれぞれ感じていたからだ。大切なのはたとえ時間は短くとも、一緒にいるときに目の前の家族に心を寄せられているかどうかである。仕事一筋に見える人間でも、家族のことをきちんと心の中心に置き大事に思っている人はいる。…』
 私たちも仕事と家庭や私生活を両立して充実した人生を送っていきたいものです。 感謝! 高橋文夫拝 忠恕

自己肯定感を高める

2017年7月27日   社長通信251
1.はじめに
 今年の夏もゲリラ豪雨による災害が日本いたるどころに発生し、心からお見舞い申し上げますとともに、猛暑日が続く中、こまめな給水と涼みをとり、熱中症にはお互いに気を付けてまいりましょう。

2.第21期への期待
 今期は例年になく夏場からアパートや戸建て物件の受注が多く、また新規事業のSFPパネルが好調で、皆さんには猛暑の中、残業や休日出勤、また部署間の応援で対応していただき心から感謝申し上げます。
 また金沢の地で事務所兼研修施設・実習生寮の建設プロジェクトが地元建築会社との共同事業でスタートしました。このように今期は更に飛躍する1年になります。皆さんとともに知恵と汗を出し積極的に支援を交換し合い、素晴らしい成果を出してまいります。

3.自己肯定感が高まると人は変われる
 致知の月刊誌8月号の対談で元小学校教師で一般社団法人子ども笑顔代表理事の岩堀美雪さんを知り、貴著書「なぜあなたの力は眠ったままなのか」から少し長くなりますが、印象的な言葉を紹介します。
 『「自分のことが好きですか?」私は、この「自分が好き」という気持ちを「長所も欠点もある自分のことを認めてこれでよいと思える気持ち」と定義し、「自己肯定感」という言葉を使っています。この自己肯定感が、人間の心の健康にとってとても大切であることは、広く知られるようになってきました。しかし、国際的に見ても日本人の若者たちは自己肯定感が低いと言われています。
自己肯定感が失われる様々な要因はどこにあるのか?まず幼少期の家庭環境です。褒められたことがない、認められたことがない、否定的な言葉を浴びせられたことが原因です。次に学校での環境で、一番影響を与えるのは教師です。その教師が子どもたちを信じてその能力を認めてやる気を出させ、肯定的な眼差しで見ていくことでお互いに認め合う雰囲気の学級になるか、子どもたちを常に冷たい言葉や態度で否定的に捉えることにより、クラスに伝染し子ども同士がけなし合ったりいじめが横行するようになるかです。そして会社での環境で、上司から日々どのような言葉をかけられているかが、社員の自己肯定感を左右し、自己肯定感の高い上司に育てられた社員は元気に働くことができます。
 自己肯定感が高まると人はどう変わるか?
・前向きになる
・困難な状況でも自分を信じて行動できる
・人の目を気にせずに自分の意思で決めることができるようになる
・批判を受け入れ、さらに向上することができる
・落ち込んでも完全に挫折せずに失敗から立ち直ることができる
・相手を認めることができる
 このように自己肯定感が高くなると、それまで眠っていたあなたの本来の力が目を覚まし始めるのです。』
 自分が変われば周りが変わり未来は変わるとよく言いますが、まず自分自身をよく知り自分の長所も欠点も受け入れ認めて、何よりも世界でたった一つしかない両親や先祖からいただいた生命を大切にして自分を好きになることがいい人生を歩んでいけるのです。  感謝! 高橋文夫拝 忠恕

安全最優先、そして品質、業績

2017年6月27日   社長通信250
1.はじめに
 1年で昼が1番長い夏至を過ぎても空梅雨が続いてきましたが、いよいよ梅雨らしい天候になってきました。お陰様で念願の製品倉庫が無事竣工し、今後の突然のゲリラ豪雨にも慌てず、安全で製品の品質を保持して、よい状態で配送と建方施工を完了し、より一層お客様にご満足を提供していきましょう。

2.第21期品質方針、品質目標
 私は、今後10年をシガウッドの第3創業期と位置づけていますが、この21日より第21期がスタートしました。来月1日には、第21期経営方針、目標発表大会を開催し、皆さんお一人お一人の達成すべき個人目標を元気に発表していただきます。 
【第21期品質方針】
株式会社シガウッドは、常に安全最優先で会社のショールーム化を実現し、最高品質とサービスを提供し、生産性向上と業績目標を達成します。
【第21期品質目標】
①労働災害ゼロの職場づくり
②最高品質とサービスの提供
③生産性向上と業績目標の達成
 来期に事業継承すべく私の社長としての締めとなる個人目標は、安全最優先でまず労災ゼロ500日を達成し、業界で他社にはない最高の品質を確立し、全体最適を徹して業績目標を達成し、全従業員さんは勿論、関わる人全てが幸せになることです。何時でも何処でも誰でも自然にSHIENを交換し合うことのできる風通しの良い人間関係づくりをしていきます。

3.幸せへの道しるべ
 私にとって経営と人生の大切な師である日本創造教育研究所の創業者で現在も72歳で現役代表である田舞徳太郎氏とのご縁をいただいて、もう33年になります。今こうして自分自身とシガウッドが存在するのも、田舞氏のお陰であると言っても過言ではありません。またこの時期、田舞氏からの学びの大きな一つである師著『幸せの心理学』を改めて学ぶのも、もう25年になります。 
 著書のまえがきを記します。「私自身の体験から言えることは、人間はどんな逆境からでも幸せな人生を勝ち取ることができるということです。………その幸せは、ほんの少し『心の持ち方』を変えるだけで、だれでも手にすることができるものなのです。」
 そしてより幸せに生きていくためには、より良い人間関係を周りの人たちと一緒に築いていくことです。また一度しかない人生を幸せに生きるためには、自分の能力や価値に気づいて、その能力の発揮を妨げている要因を取り除いて、自らの可能性に向けて自律的に生きていくことだと熱く説かれます。

4.今月の論語の言葉
 子曰わく、道に聴きて塗(みち)に説くは、徳を之れ棄(す)つるなり。(陽貨第十七)
 先師が言われた。「道端で良いことを聴いて、さっそくその聞きかじりを途中で話すのは、徳を棄てるようなものだ」
 感動した話やいいと感じたことを、十分に理解せず、また実際にやってもいないのに、すぐ朝礼や会議で話すことは、かえって徳を棄てるようなもので、相手にも自分自身にも為にならないものです。常に自戒して言動には気を付けていきます。
感謝! 高橋文夫拝 忠恕

良い習慣化

2017年5月26日   社長通信249
1.はじめに
 初夏を通り越し、日中30℃を超える真夏日も顔を出し、熱中症の季節になってまいりました。これからは、こまめに水分補給し、新調になった冷感・遮熱効果のあるシャツを着用して、暑さ対策をしていきましょう。
さて玄関先のシガウッドガーデンでは、中心が黄色で真っ白なノースポール(カンシロギク)の花から、華やかなバラの蕾が次から次へと開き始めています。因みに、ノースポールは、株全体を白くおおうように花を咲かせる姿が北極(ノースポール)の白い大地を連想させることにちなんで命名され、花言葉は、「誠実」、「高潔」といわれています。

2. 第21回KZ法勉強会について
 この11日、柿内幸夫先生のご指導の下、改善活動の勉強会を開催しました。2011年1月から柿内先生に全社改善運動の指南を受け6年半が経過していますが、先生のご高話や助言を通して、「改善」の奥深さと自らの未熟さを痛感しています。
 働き方改革が言われるようになって久しく、生産性の向上、即ち1人当たりの労働生産性の向上が急務になっています。ここで先生のお話を要約します。日本は、2020年の東京オリンピックまでは確実に好景気が続き、今後着実に少子高齢化が進む中、短期間で特に若年層の人財不足の状況になります。私たちが今やっている仕事も、急速に機械やAIに取って代わっていきます。従い今から危機意識を持って、広く情報を積極的に収集し、勇気を持って仕事の見直しや根本的な改革に取り組んでいくことが企業の永続の必要条件になってくるのです。
 先生からもお褒めの言葉をいただきましたが、我が社では、今や全社改善活動が決してマンネリ化ではなく、良い習慣化になり定着してきていると思います。今回の気付きや学びを通して先生からの助言や課題提起を、次回の9月7日の勉強会を目標に真摯に前半主義で取り組んでいきましょう。
 改めて課題を整理します。
①チョコ案は、部署を超えてドンドンやり続ける。(いい改善は、徹底的に真似る)
②来客者も含めて工場内は、安全帽着用とする。
⓷構内で使用する運搬・保管パレットは、自社製の木製パレットに統一する。(機能品質から魅力品質を目指す)
④仕事の流れを直列から並列化し、手待ち作業をなくす。
⑤SFPパネル製作で作成した「冶具」を手本に、仕事効率を高めるための「冶具」を毎月1個以上創り出す。
⑥電卓作業を機械化、IT化する。
⑦仕事の前工程や上流工程で効率的に仕事を処理する仕組みを創る。
⑧新設の製品倉庫の最適な活用方法を創る。

3.今月の論語の言葉
 子曰わく、政(まつりごと)を為すに徳を以てすれば、譬(たと)えば北辰(ほくしん)其の所に居りて、衆星(しゅうせい)之に共(むか)うが如し。(為政第二)
 先師が言われた。「仁の心から発する恕(おもいやり)の政治を行えば、たとえば、北極星が真北に在って動かずに多くの星がそれに向かってくるように、その徳を慕って集まってくるものだ。」経営も政治と同様に、常に誠実を持って身を処し、周りには思いやりの心で関わっていきます。  感謝! 高橋文夫拝 忠恕
プロフィール

FC2USER110760TEU

Author:FC2USER110760TEU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR